このページのリンクアドレス

エブリスタ
ひよっこ神様異世界謳歌記1

小説 ファンタジー

ひよっこ神様異世界謳歌記

ひよっこ神様異世界謳歌記1

mio

(4)

ちびっこにしてひよっこの神様がこの世を練り歩きますよって

完結

293ページ

更新:2017/08/13

コメント:2017.8.6~改稿中です

説明

ある日突然、異世界に飛んできてしまったんですが。
ちなみに身体の方も縮んでますけど、何か?

ちびっこにしてひよっこの新米神様がお世話をしてくれる人達を
幸せにしていくとかいかないとかいう御話。

基本、幼児は自分の欲に忠実です。


執筆:2016/9/5~2017/4/16
※2017/5/5 カテゴリーを変更しました。
      『その他』⇒『ファンタジー』

この作品のタグ

作品レビュー

あおい 千隼
あおい 千隼さん
【作品】ひよっこ神様異世界謳歌記についてのレビュー

ネタバレ

レビュー失礼致します。

主人公は一見すると幼子ですが、その実身も心も女子高生―――

なんとも設定がユニークだと、遡れば半年もまえに当ご作品と出逢い、思ったことも今は懐かしいです。

異世界に飛ばされたとすれば、ご自身ならどう行動するでしょうか。
泣き崩れる者や絶望する者。はたまた果敢に立ち向かう者もいるかと思います。

ですが本編の主人公は、すべてを凌駕するパワフルな女性です。
様々な困難をまえに、何度も『ひょいヒョイ』とクリアしてゆくのです。

少しずつ増えてゆく周りの人たちは、とても人情味溢れる方たちでございます。

自称父は現れ、神様というワードが現れ、しまいには関西弁まで登場致しました。

描写はしっかりとした地の文でありながら、ユーモラスも取り入られており、科白以外の文章がつづくページであろうと、楽しく拝読することができます。

当ご作品の魅力と致しまして、多彩なシーンが挙げられるかと存じます。
そのなかでも特に好きな節は、夏祭りでしょうか。

想像に容易い描写は、祭囃子まで有りありと聴こえてくるよう。
主人公の頬ばるモノを、

(屮゚Д゚)屮 ひと口くれい!

と思わずこぼしてしまいました。

第一部完ということで、つづく第二部を楽しみに……

まずはmio様。
第一部完結、おめでとうございます!

有り難うございました。

もっと見る

2017/04/21 05:31
コメント(3)

mioさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント