/ 474ページ

桜と金色と

(1/38ページ)

桜と金色と

 
 
 
 
 
 
「眠……」

四月、桜が咲き誇る季節。
 薄紅色の花びらが舞い散る道を、さぞ眠そうに眼を細め、気だるそうに歩く一人の少年がいた。



高校一年にしては少し高めの身長、それなりに整った顔立ち。
 だが、そんな程度なら探せばどこにでもいる。注目すべきなのは――その銀髪だった。
 
染色剤のそれとは思えない、自然な煌きが日光を受けて白銀に光っている。
 そんな彼はくしゃ、と髪を触りつつ、小さく息を吐く。





名前、成宮 銀。十五歳、今年から高一。

髪の色とか名前とか、色々変だってのは自分でも分かってる。
 まぁ母親が少し、いや大分変わった人だから、その辺は仕方ない。



 
 
 

/ 474ページ

桜と金色と

(2/38ページ)

みんなが送ったスター数

583

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛