/ 125ページ

死因は窒息

(1/13ページ)

死因は窒息

「お待ちしていました」
 
 ぬるい湯船につかったような感覚の中、声が聞こえた。
 とても近くで聞こえるから、俺への言葉だと思う。
 けれど俺は今、目をあけるのがひどくおっくうで――とても眠いのだ――だから、誰が話しかけているのかは分からないのだけど、とても優しい声だった。
 
「これからはもう、あなたに寂しい思いはさせませんから」
 
 優しい声は決意をにじませ、言葉を続ける。
 誰とも知らない人物の発言に、「それってマジで言ってる?」と聞き返したかったが、眠気がすごくて唇が動かない。
 
「だからどうか――」
 
 些細な孤独から逃れたい俺は続きを聞きたいのだが、睡魔は俺の意識をすみやかに食い尽くしていく。
 続くのはきっと大事な言葉だ。なのに、聞くことが出来ない。
 あぁ嫌だ! どうして俺の人生って、いつもこうなんだろう?
 ――胸を焼く悲嘆も苛立ちも諦念も、すべてはまぶたの向こう側へ追いやられ、俺は眠りの海へと沈む。

/ 125ページ

死因は窒息

(2/13ページ)

みんなが送ったスター数

1091

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|BL