/ 256ページ

第1部 第1章 運命と結婚すると私は

(1/15ページ)

第1部 第1章 運命と結婚すると私は

結婚式に、あのひとが走りこんできた。

「彩綾!行くな!」

メガネを曇らせて。あのひとは走りこんできたのだ。結婚式場に。迎えにきたのだ、ついに私を。

花嫁である私を。

「彩綾!今更かもしれないけれど、俺は君が好きだ!」

テノールの優しい声……。 細身の体、優しくて頼りになる会社の先輩。私が好きだった人。その人が叫びながら結婚式に走りこんできた。息を切らして、白いシャツを汗に染めて。

私の結婚式に。

私と、灘湊一郎さんとの結婚式に。

「病めるときも健やかなるときも」と神父さんが
灘湊一郎さんに誓わせ
今、まさに私が、というときに彼は飛び込んできたのだ。

(遅い)

私はかぶりを振る。

(だって、遅すぎるもの)

私は頭の中が真っ白だった。

(もう今更戻れない。
さようなら、鳴海さん)

『病める時も健やかなる時も汝、この男を愛し、この男とともにあることを誓いますか』

結婚式の定型文が読まれた、その瞬間に、鳴海航先輩が現れたのだ。

「誓います」

私の固い声が響いた。ざわめきすら躊躇っている小さな教会の白い壁に。私の声は私の耳にも楔を打つように鳴った。

新郎である灘湊一郎さんの目が、大きく開いた。

/ 256ページ

第1部 第1章 運命と結婚すると私は

(2/15ページ)

みんなが送ったスター数

1215

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛