/ 1359ページ

プロローグ

(1/5ページ)

プロローグ



「私立鳳凰学園?」

 夏目浩美(なつめひろよし)が編入先の学校名を告げた途端、園田光紀(そのだこうき)は顔をしかめた。

「そこって、恋愛特区の学校じゃねえ?」
「恋愛特区? 何それ?」

「夏目、知らねーのかよ。ほら、すこし前に、都内以外で同性パートナーを認めたど田舎の自治体って話題になったじゃんか」

 園田の言葉で、ああそんなニュースもあったかもなとぼんやり思う。

 2015年11月に渋谷区や世田谷区が同性のパートナーを認める条例を出した後、同様の条例を定めた自治体がいくつか出てきた。

 そのほとんどが都心の自治体だったが、ある自治体だけが都心ではなく山間部で過疎のすすんだ場所だったことですこしばかり注目をされた。

 しかも移住者に対して具体的な公営住宅や職業あっせんなど婚姻に準じる様々なメリットを含んでいたため(人口を増やすための苦肉の策だったのだが)、恋愛特区と揶揄をこめて呼ばれたのだ。

 夏目が編入する学校のある自治体がまさにそこだった。
 

/ 1359ページ

プロローグ

(2/5ページ)

みんなが送ったスター数

52051

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|BL