/ 30ページ

桃色カラス

(1/30ページ)

桃色カラス


ヒロの為に始めた、ファミレスのバイトにも、だいぶ馴れた。

高校生になったら、自分で働いて、好きな物を買うのが、小さな夢だった。

そこに明確な目的が出来た。

ヒロへの誕生日プレゼント。

中学の卒業式の日に、告白されて付き合うことになった。

高校は別々になるし、ただの友達のままで終わるのは嫌だと言われた。

私も同じ気持ちだった。

だって、私もずっと好きだったから。

ヒロは、バイトの理由を知らない。

サプライズのつもりで黙っていた。

もともと「高校入ったら絶対バイトする!!今のおこずかいじゃ足りない!!」と、ヒロの前でもよく口癖のように言っていたから、そこに別の目的があるとは気付いてないようだ。

/ 30ページ

桃色カラス

(2/30ページ)

みんなが送ったスター数

272

この作品にスターを送ろう!

明日のスターも待ってます!
(1作品につき1日1回 押せます)

新着ピックアップ

急上昇ランキング|恋愛