このページのリンクアドレス

エブリスタ
恋か執着か…それとも意地か

小説 恋愛

=想い=シリーズ

恋か執着か…それとも意地か

緑葉

(2)

言えなかった言葉を声に出さずに呟く。「好きだよ」

完結

379ページ

更新:2010/06/06

説明

ゲームや漫画、ダチとつるんだり…そんな日々を楽しんでいた。
女に興味はなかったし、ダチと居る方が楽しいと思ってた。



けど…高校に入学して、はじめて女に目がいった。



この気持ちは、いったい何だ?

********
 
主人公とヒロインのイラストを浅月遊様が描いてくださいました?~
作品内2箇所に挿絵しています。
 
********


質問広場で男性からいただいた萌えを全部入れるのを目標としてました(笑)


この作品のタグ

作品レビュー

沙雪
沙雪さん
【作品】恋か執着か…それとも意地かについてのレビュー

ネタバレ

前作で桃葉の恋を阻む存在だった雄太の行動が、すごく納得できてしまうこと、そういうふうなことをしてしまったのは仕方ないよね、と思えてしまったところに驚きでした。タイミングが悪すぎたんだね、と思ってしまう。
 それでも、その行動はしてはいけないだろうと言わざるをえないけど、あぁ、現実ってこうだよね。
 1人の視点で片付かないよね。物事は多角的に見ろって、こういうことなんだね。と。

 それと、特筆すべきなのが学校教育でここまでは教えてくれないかもしれない“性の正しい知識”を教えてくれること。そのお付き合い過程で“目を背けがちだけど忘れてはいけない”出来事と、その後の展開は“小説みたいな綺麗事ですまない”ということ。

 わたしが教師だったら生徒に絶対薦めるのに!
 後半のブログが出てくるあたり。異性とのつきあいで決して無視できないですね。
 それでいて堅苦しい文章ではなくてお説教じみてもなくて、心にすっと入って読みやすくて。
 本当にすごい作品だと思います。

=想い=シリーズ、大好きです。これからも執筆がんばってくださいね!

もっと見る

2012/08/04 23:36
コメント

緑葉さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません