このページのリンクアドレス

エブリスタ
血と束縛と

小説 BL

血と束縛と

血と束縛と

北川とも

(3)

美貌の美容外科医が、男たちに翻弄され、翻弄していく……。

過激表現あり

連載中

2987ページ

更新:2019/03/03

コメント:攻めたちが、たった一人の受けを溺愛し、執着する話です。文字数、濡れ場ともにたっぷりです。

説明

美容外科医の佐伯和彦は、十歳年下の青年・千尋と享楽的な関係を楽しんでいたが、ある日、何者かに拉致されて辱めを受ける。その指示を出したのが、千尋の父親であり、長嶺組組長である賢吾だった。
このことをきっかけに、裏の世界へと引きずり込まれた和彦は、長嶺父子の〈オンナ〉として扱われながらも、さまざまな男たちと出会うことで淫奔な性質をあらわにし、次々と関係を持っていく――。
第33話(4)からは、「血と束縛と2」へと続きます。→[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

うすしお
うすしおさん
【作品】血と束縛とについてのレビュー

実を言うと、どちらかといえばBLに嫌悪感があった私が、どっぷりBLに嵌る切欠となった作品です。キーワードに癖があったので戸惑いましたが裏社会のお話が好きだったのもあり、試しに読んでみたら1ページで虜になりました。そこから寝不足になりながら読んでいる間は、早く続きが読みたいのに読み終わりたくないという葛藤に苛まれました。

主人公の和彦は、次々と癖の強い男たちに愛されますが、常に愛されることに戸惑っています。そしていつの間にか逆に男たちをしなやかに振り回していきます。しかも無自覚に。あれだけの男たちに代わる代わる愛され、相反する性質を詰め込めば、キャラクターが破綻したり不自然な箇所があってもおかしくないのに、逆に応援したくなったり幸せを願ってしまいます。男たちを甘やかすだけでなく、時に冷酷な面を垣間見せる和彦は読者をも魅了する生粋の魔性の男なのです。脇役達はいずれもスピンオフで主人公になってもおかしくないぐらい魅力的で、一人一人の息遣いが聞こえてくるようです。

キャラクターだけでなく、瞼に情景が広がるようなその圧倒的な表現力、濃厚な濡れ場、謎や意外性が程よく散りばめられた胸が高鳴るストーリー展開…とてもこの場では魅力を語り尽せません。このお話はタチが悪いことに、重厚であると同時に不思議と絶妙なバランスで人懐っこく心に入り込んで来て、簡単に読者を虜にしてしまいます。もう私はこの物語の魔力に囚われ逃げ出すことは不可能です。興味があって未読の方は、是非ともゆっくりとこの香しい男たちの世界に酔いしれて下さい。おススメすぎます!

もっと見る

2019/02/20 05:30
コメント

北川ともさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません