このページのリンクアドレス

エブリスタ
僕の心があなたを渇望している。

小説 BL

僕の心があなたを渇望している。

那月紗良 (naduki sara)

(1)

番と死別したα × 番に捨てられたΩの切ないラブストーリー。

過激表現あり

完結

143ページ

更新:2019/03/12

コメント:サポーター得点にて、本編直後の二人(濃厚R18)の連載始めました。

説明


番と死別したα × 番に捨てられたΩ

睦月(ムツキ)はある雨の日、ガラス細工のように美しい男、清(セイ)と出会う。
帰る家がないという清を家に招き、2人の生活が始まる。
甘く穏やかな同居生活。それは傷を癒し、精神的な結びつきを強めていくものだった。
元番以外を愛さないと決めていた睦月。
辛い発情期を一人で乗り越えるしかない清。
そして2人は直面する。選ぶべきは、本能が求める肉体なのか、心が渇望する精神なのか‥。


睦月(42) 有名な小説家。イケオジ様。α。
清(24) 儚げな美青年。青い瞳。Ω。

時代背景は少し昔の日本のような、現代のような、似て非なる世界だと思っていただけたら。
R-18作品とありますが、かなりピュアピュアです。

※BL、オメガバース作品です
※サムネイルはフリーのものをお借りしております

2018.11.27.start

この作品のタグ

作品レビュー

紫野 楓
紫野 楓さん
【作品】僕の心があなたを渇望している。についてのレビュー

透き通っています。まるで雨に濡れた水晶玉の向こうから世界をのぞいてるみたいな気持ちで読みました。
この透明感が主要カプをさらに儚く切ないものにしている。時代を近代に寄せていてレトロ感がさらに寂寥感を煽る。尚更ノスタルジック、で、透明。
文体や描写などから世界観を作り描き出すのがものすごくお上手です。天才ですか!?! 1行目で引き込まれました。キャラの名前や容姿からどんなキャラにしたいのか、どんな展開にしたいのか、そしそれを受け手にどんなふうに捉えて欲しいのかという作者のこだわりや追求を存分に感じさせてくれる丁寧な小説で、それがしっかり機能して伝わってきます。キャラの見せ方とてつもない。それって、作品では見えてこないところまで世界とキャラをかなり深く彫り込んでるってことです。
作品に妥協したくないという意思がひしひしと伝わってきてまことに圧巻です。
網目が綺麗に整った繊細で触り心地のよい半透明のレースのような作品でした。冬の日差しにきらきらと淡く瞬くような。
何言ってんだこいつと思ったらぜひ読んでみてください!!!!!!!!!!!

もっと見る

2019/03/11 18:17
コメント

那月紗良 (naduki sara)さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント