このページのリンクアドレス

エブリスタ
光と影

小説 BL

光と影

omibuta

美形5×平凡1 ※浮気要素有

過激表現あり

完結

340ページ

更新:2018/11/28

コメント:将来を約束された美形たちが平凡に翻弄される姿を書きたかったです。

説明

 倉地 寛人という平凡な大学生は金澤 晃司と水成 浩一郎という美貌の青年と知り合うある、そこである日ふたりに家に招かれたら三人の友人達を紹介される、待っていたのは寛人を狙う欲に狂う男たち―――六人の大学生時代の話、続きます。
 ※複数行為、浮気要素有、小スカ要素有、二重人格有

倉地 寛人 礼儀正しい 両親を亡くしている 流されやすい性格 優しくされると心をすぐに許す 平凡

金澤 晃司 高貴で冷徹な美貌 長身 独占欲の塊 リーダー格 たまに眼鏡を掛ける 泣き虫

水成 浩一郎 野性的な美貌 ハーフ 青い目 口数少ない 長身 犬 甘い食べ物が好き

木原 悠生 白い髪に鼻にセプタム 男前 長身 寛人の前では思慮深い男

安土 健次郎 ツートンカラーのツーブロックの髪型が繊細な優しい顔の端整な顔 長身 優等生 寛人の安定剤的存在

不知火 茂登 気だるげな色気の美人 長身 良く喋る 趣味はカメラ 種馬 洞察力が優れている

遠藤 敦 寛人の家の隣人 表は図書館の事務員、裏では怪しいクラブのオーナー 綺麗な容姿 寛人の保護者

能見 道久 寛人の友人 映研サークル 黒尽くめの服装を好む 麗しい男前 豪快

上田 萌香 健次郎の元彼女 寛人に対して敵対心

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

omibutaさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント