このページのリンクアドレス

エブリスタ
カルマの旋律

小説 BL

カルマの旋律

殿山はす根

「お前もあいつの死を背負え」【R18】

過激表現あり

連載中

157ページ

更新:2018/11/19

説明

形成外科医の神崎正臣は、高校の同窓会で17年ぶりに初恋の相手、栄田ハルカと再会する。ハルカの美しさと彼の弾くピアノの音色に心を奪われていた神崎は、どうしてもハルカに振り向いて欲しいと願うが、ハルカは同じく高校時代の同級生の、佐久間秀一と付き合っていた。
しかし、ハルカを疎ましく思っていた秀一は、ハルカをひどく振ってしまう。ハルカを悲しませて傷付け、死に追いやった秀一を憎んだ神崎が、彼に下した制裁とは―――?
嫉妬と憎悪に苦しむ彼らのあいだに愛は生まれるのか……

※なかなか絶望的な展開が続きますが、まあまあハッピーエンドです!
※無断転載、複写、類似文章表現 厳禁。

■登場人物■
・神崎正臣(かんざき まさおみ)34歳。
形成外科医院を開業しながら週一で総合病院で勤務する形成外科医。手術の腕は天才的。

・佐久間秀一(さくま しゅういち)34歳。
証券会社で働くサラリーマン。神崎とハルカと同級生。ハルカと付き合っている。

・栄田ハルカ(さかえだ はるか)34歳。
売れないピアニスト。秀一が人生初の恋人だった。神崎の初恋の相手。

・志摩勇作(しま ゆうさく)37歳。
大学病院で勤務医をする口腔外科医。神崎の幼なじみ。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

殿山はす根さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント