このページのリンクアドレス

エブリスタ
TOTAL ECLIPSE ~太陽と月の恋~

小説 BL

TOTAL ECLIPSE ~太陽と月の恋~

行原荒野

(3)

どう考えても許されない。けれどその人以外は考えられない。行き場のない、運命の恋。

過激表現あり

完結

221ページ

更新:2018/11/18

コメント:【R18】 兄弟です。完結しました。 ※時々微修正入れる場合あり。通知されてしまったらすみません…

説明

 七歳年の離れた兄弟、修一と明良は、過去に一度だけ身体を重ねた。激しい後悔とともに修一は明良の元を去ったが、明良が大学の編入で上京したことで二人は六年ぶりに再会する。
 狂おしいほど一途な愛を向けてくる明良を、修一も深く愛していたが、明良の将来を思い、再び距離を置こうとする。そんな修一の心を知らず、報われない恋に苦しむ明良だったが、ある日、兄との未来を暗示するような悲しい出来事が起こり――。

......................................

※兄弟です。「義」はつきません。
この設定が苦手という方は、お戻りくださいますようお願いいたします。
「大丈夫」あるいは「苦手だけど興味がある」という方は、ぜひとも彼らの甘く苦しい恋の旅にご同行くださいませ。

あえて「ハッピーエンド」のタグはつけていませんが、哀しい終わり方ではありません。
二人にとっては、それ以外にはない、確かなハッピーエンドとなっております。
最後までおつきあいいただけましたらとても嬉しいです!

※本文中で引用、または参考にさせていただいた作品の出典は最終ページに記します。


この作品のタグ

作品レビュー

行原荒野さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません