このページのリンクアドレス

エブリスタ
縺れる糸ほどける愛

小説 BL

縺れる糸ほどける愛

草津 玲緒

(1)

オメガバース。運命の糸に弄ばれる執事と当主(DK)。二人の行く先は……?

完結

95ページ

更新:2018/06/09

説明

 国内で絶滅したと言われる稀有な狼の血統を継ぐ野宮家の当主、野宮輝流(α)は高校二年生。彼の側に仕え、先代から引き継いだ企業経営に携わる執事、日野 駈(α)は輝流の異変に気付いていた。ある日、学校内で叔父である春日井晴也に襲われた輝流は、Ωの発情にも似た症状を発症する。駈に助けられた輝流は、そのまま駈に抱かれて……。
運命に翻弄され、縺れた糸に弄ばれる『運命の番』。執事と当主、下克上オメガバース。

※オメガバースです。
※流血、残酷描写あります。NGな方はご遠慮願います。
※作中の施設、企業、人物等はすべてフィクションです。
※表紙イラストは紅さん

この作品のタグ

作品レビュー

草津 玲緒さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません