このページのリンクアドレス

エブリスタ
僕はきみのために

小説 BL

僕はきみのために

殿山はす根

(2)

自分だけを見て欲しい。

連載中

130ページ

更新:2018/05/23

コメント:表紙絵はShiva様からいただきました☆

説明

交通事故で足に障害が残った幼馴染で恋人の圭介のリハビリに付き合うため、小野寺達也は毎週日曜にフィットネスクラブに通っている。
回復の兆しが見えず、リハビリにやる気がない圭介に頭を悩ませる中、達也はクラブでひとりのお節介な男・堤雅久と出会う。パーソナルトレーナーとして働いている彼に圭介のことを相談するうちに、優しい人柄の雅久にじょじょに惹かれていくが、長年連れ添った圭介を見放すこともできず……。


■登場人物■
・小野寺 達也(27)-おのでら たつや-:平凡なサラリーマン。幼馴染の圭介を一途に想い続けている。

・堤 雅久(28)-つつみ がく-:フィットネスクラブのパーソナルトレーナー。気さくで優しいが、お節介な面がある。

・白石 圭介(27)-しらいし けいすけ-:元サッカー選手。交通事故に遭ってから左足に障害が残り、達也にリハビリを勧められる。

・川原 翠(28)-かわはら みどり-:雅久の元恋人。自ら雅久からのプロポーズを断ったものの、未練を残している。

この作品のタグ

作品レビュー

殿山はす根さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント