このページのリンクアドレス

エブリスタ
ふたりはともだち

小説 BL

ふたりはともだち

森見世

24歳リーマンX26歳ハーフバリスタ、渋谷のカフェでの恋物語。

完結

39ページ

更新:2018/07/12

説明

 舞台は東京、渋谷。黒木侑吾(くろきゆうご)は渋谷でコーヒーショップを営む26歳。愛らしい外見を持つ、フランス育ちの日仏ハーフだ。近所に住む2歳年下の会社員・長尾総司(ながおそうじ)から思いを寄せられているが、ある理由から恋人同士にはならず、「キスもセックスもする、でも友人」の関係を維持している。
 穏やかで仲良し、でも中途半端な関係。それに満足できない長尾が一歩踏み出したことから、二人の間柄に変化が訪れる。
 思い込みとトラウマを軸に巡る二十代男子の恋物語を、コーヒーショップの飯テロ描写と絡めて描く。

*第8回ディアプラスBl小説大賞(2017年12月結果発表)で最終選考を通過した小説です。
拙い点も多く、加筆訂正したいと思いつつ、いつになるか分からないので投稿時のまま掲載します。誤字脱字は修正しました。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

森見世さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません