このページのリンクアドレス

エブリスタ
胸が大きくていいことなんかひとつもない。

小説 恋愛

胸が大きくていいことなんかひとつもない。

渋谷東子

真面目で堅実な書店員。なのに巨乳で酒豪。私の恋はうまくいかない。【R18】

連載中

172ページ

更新:2018/05/26

コメント:12時、21時の1日2回更新中!佳境に突入しました。最終話、59話まで駆け抜けます♪ 一迅社 現代恋愛大賞出品作品。

説明

小さい頃から、私の胸は大きかった。
そのせいで私はコミュ障気味。25年間、散々ひどい目に合ってきた。
大学で出会った親友と、飲み歩くことを覚える。お酒は大好き。でも性格は変わらない。就職先は書店。真面目に、堅実に。母のように、正しく生きていこうと誓ったけれど。

巨乳だけど真面目、堅実だけど酒飲みな、美園の恋。
既婚者と、高校教師と年下男子。
こじらせ処女のロストバージン物語。
基本、純愛ものです。
念のため、R18指定しておきます。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

渋谷東子さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント