このページのリンクアドレス

エブリスタ
夜空の昏い森

小説 BL

夜空の昏い森

秋はる

BL R18 小さな港町で、幼馴染は夢を見て、恋をした……でもそれは許されなかったのか

完結

221ページ

更新:2018/05/08

コメント:読み切りです!

説明

BL R18 小さな港町に、夏川 夜空は妹の花奈と住んでいた。
幼馴染の奨介は、母親のいない夜空を心配して、あれこれ声を掛けてくる。
でも、貧乏な夜空と違い、奨介の家は裕福で、生活が違う。夜空は、奨介からの施しは受けないと突っぱねていた。
でも、夜空の父親が入院し、生活に困った夜空を、奨介の家族は受け入れる。
だが、夜空の父が無くなり、遠縁の親戚に引取られる事になる。
離れて分かった恋、再び会おうとする二人だが、事件がやってきた。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

秋はるさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません