このページのリンクアドレス

エブリスタ
恋の音が聞こえたら

小説 BL

恋の音が聞こえたら

橘 華印

名前も知らない男と寝た翌日、まさかあんなことになるなんて――

完結

202ページ

更新:2018/04/28

コメント:第11回B-PRINCE文庫新人大賞:奨励賞

説明

 恋人と別れた直後に出会った男と一夜を共にした都。男は名前も告げずに去っていったが、再会はすぐだった。都の勤める便利屋に、依頼人として現れたのだ。依頼の内容は、男・支倉の元妻である洋子の素行調査。手がかりである洋子の手帳には、売春の可能性を示す書き込みがあった。捜査を進めるうち、洋子が絞殺体で発見され、さらに売春の相手と思われる男たちが殺されていたことが明らかになる。事件を追うかたわら、次第に支倉に惹かれていくが……

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

橘 華印さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません