このページのリンクアドレス

エブリスタ
Paterーパテルー

小説 BL

Paterーパテルー

sonau

(2)

デビュー前の少年達が選ばれてゆく舞踊界 パトロンとなった主人公と少年

過激表現あり

完結

243ページ

更新:2018/11/02

コメント:R18 仮想世界です [不定期更新です]

説明

一少年のパトロンとなった男の戸惑いと溺愛物語です

この作品のタグ

作品レビュー

雪柳
雪柳さん
【作品】Paterーパテルーについてのレビュー

あらためて、完結おめでとうございます。
そしてお疲れ様でした。

バレエ作品「バヤデ-ル」を基に書かれた、紅羽と悠人のお話し、とても面白かったです。
でもヒロイン「ニキヤ」は、最初から大人の女性というイメージがあったので、自分にとって、紅羽は最後まで「クララ」役の方が似合うのではと思いながら読んでいました。

倉木さんや秀伍さんも、その後どうなったのかな?
倉木さんは憎まれ役でしたけど、ある意味一番の常識人でもあり、嫌いではなかったです。
紅羽には気の毒だったけど、大事な舞台に穴をあけるわけにはいかないというのも、真実だと思います。

むしろ現役時代は、才能に恵まれた悠人の方が嫌われ者というか、性格の悪さではNo.1だったのではと感じます。
社会人になって、少しは丸くなったのかな---。

もし作者様にお時間がありましたら、スピンオフで是非蓮と匡哉のお話しも読んでみたいです。
それと発表会でもいいので、舞台で踊る悠人と紅羽のパ・ドゥ・ドゥ是非是非是非読みたいです。

どうか宜しくご検討下さい。
また、Sonau様の今後の投稿も楽しみに待っています。

もっと見る

2018/09/23 18:11
コメント(2)

sonauさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません