このページのリンクアドレス

エブリスタ
parasite

小説 SF

parasite

藤白 圭

(7)

――『paraiso』計画発動――

完結

575ページ

更新:2018/06/15

説明

★マガジンホラー&テラー大賞用に大幅改稿
2018/03/16連載開始
2018/05/15完結

★表紙:くろのすけ(黒ノ弼)さん作

【概要】

『paraiso』計画

それは、政府が掲げた、高齢化社会における希望に満ちた計画であった。


果たして、それは人類にとってのユートピアなのか。
それとも、ディストピアとなるのか――


高校生三人組が、『paraiso』計画の謎に挑む。
SFホラーアクション!
ここに始まる。



この作品のタグ

作品レビュー

くろのすけ(黒ノ弼
くろのすけ(黒ノ弼さん
【作品】parasiteについてのレビュー

ネタバレ

完結おめでとうございます。

快沙瑠さんの作品でこれが初めて完結まで読んだ作品ですすいません

ゾンビゲーとか、ゾンビ漫画とかに割とありがちのチープさが出てきちゃうかな?(まあ、あれは倒すというのが前提なのでしょうがないと思いますが)
とか思ってたんです。だからあんまりゾンビ系のは面白いと感じないですが

快沙瑠さんの心理描写というか、状況描写は凄いなぁと改めて感じられた作品でした。
目の前で起きる状況に主人公達の視点を使っていかに普通の人間なら無力かってのを思い知らされる
ここにはヘッドショットで一発killできる人なんぞ存在しないし、ワンパンで木っ端微塵にできるヒーローなんていない
奇跡なんぞそうそう起きない。
それを文章で出来て、イメージを植え付けるなんてマジで凄いとしか言えません。

お兄さんとのシーンでは涙ぶわわんでした。
大体は展開的にそうかなって思っとりましたけども、まさかあーなっちゃってこーなっちゃうとは…
お兄さんの一人称が「僕」ではなく「ぼく」って表記だったのもめっちゃ切ないなぁって自分には感じました

1番悔しいのは情報をもらっていたのに
最後を予想出来なかった事ですね( ̄▽ ̄;)
暗証番号のトコ、フリーホラーでは意味ある数字になる事あるよねーって思いながらピンとこなかった事が悔しい~
あと、Y氏に言いたい
涙を返せ!と(笑)

まんまと作者のトラップにみずからが嵌った感じです(笑)
長々と感想しましたが、面白かったです!
お疲れ様でした!

もっと見る

2018/05/16 12:26
コメント(3)

藤白 圭さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント