このページのリンクアドレス

エブリスタ
夜をこめて

小説 BL

夜をこめて

夜をこめて

わらび

(2)

面倒な男は自分の気持ちに素直になれず

完結

271ページ

更新:2018/05/25

コメント:年下の男に惚れるとは思わなかった。思い通りにならないのが人生なのだ。

説明

扉は310さんの書によるものです。この作品に花を添えていただきました。

羽山一稀(はやまいつき)37歳
桜井大智(さくらいだいち)26歳
藤倉正覚(ふじくらしょうかん)37歳
御園凌馬(みそのりょうま)37歳

勘違いなのか……それとも思い違いなのか

忘れていた感情が転がりだした。気が付けば苦しいだけ、気が付かないふりも苦しいだけ。
戻りたい、それなのに戻れない。素直になれない年齢の恋は面倒くさい。

この作品のタグ

作品レビュー

わらびさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません