このページのリンクアドレス

エブリスタ
朱火定奇譚 中編

小説 BL

影は闇に非ず

朱火定奇譚 中編

秋はる

BL R18 事件に関わらないと言いつつも上月、研究所の地下に……

完結

215ページ

更新:2018/03/11

コメント:節分会に行き、右手負傷(軽傷ですが)……つい熱中してしまった……

説明

BL R18 事件に関わる度に、皆に責められている上月 守人。絶対に事件に関わらないと言いつつも、どんどん事件に巻き込まれていく。
壱樹村の月が変だと相談された上月。調べるつもりはないのに、家には消えた山の民がやってくる。山の民にも、異変があったようだ。
異変に気付きつつも、研究のために、植物を採取しにいく上月に、山の民が襲いかかる。
一体何が起きているのか。
研究所の地下には、何の研究があったのだ。
上月は、どっぷり事件の中心にいた。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

秋はるさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません