このページのリンクアドレス

エブリスタ
バイトリーダー

小説 BL

バイトリーダー

たろまろ

(3)

困った時に颯爽と現れる。そう彼はバイトリーダー!

完結

79ページ

更新:2018/04/03

説明

若い頃はあっという間に過ぎる。だから後悔しないよう思い切り青春を謳歌すべし。なんて酸いも甘いも噛み分けた大人は言うけど、当事者はボーッとしてるようでそれなりに必死なんです。その域にはまだまだ達せない。
青い僕たちは今日もまた一歩づつ歩いてく。

心の道端に咲いた、小さな花を気にしながら。

この作品のタグ

作品レビュー

あーる
あーるさん
【作品】バイトリーダーについてのレビュー

ネタバレ

頼りになるバイトリーダー。大学の先輩でもある鮎川さんと新人バイト君ミヤちゃんのほのぼのラブストーリー。

初めは優しく頼れて気が合う先輩と思っていたのに、いつの間にか気になる存在になっていた鮎川さん。
ある日、何故か大人の知恵熱(笑)で寝込む鮎川さんに理由を詰め寄る場面では、着実にミヤちゃんの恋心が育ってるねぇ、と頬が緩んでしまいました。「ちゃんと知りたい」は「好き」の先駆け衝動ですものね。
ただ、やはりはじめてづくしの同性との恋。思うようにことが運ば(運べ)ないし、素直に気持ちを言葉にするのだって戸惑う。
そんなモヤモヤや苛立ち、思い違いに、ふたりの気持ちを知ることができる読者としては、そうじゃなーいよぉとヤキモキしたり、ここは行っちゃえーと応援したりしてしまいます(笑)

ちょっとした(?w)不可思議な出来事にも巻き込まれつつ、ほのぼのわちゃわちゃ進む物語の終盤。
高校時代の親友とミヤちゃんの再会には意味を感じジーンときました。
楽しかった思い出としっかりと自分の道を歩んでいた親友にふれたことで、自分の気持ちがクリアになり、ふたりのこれからをなんとなく描けたミヤちゃん。
寝ている鮎川さんをギュッとすると眠っているはずの鮎川さんがそれに応えるように抱きしめる…このシーン。もうキュンとしちゃいました(*´∀`)
当時の親友とミヤちゃんは、もしかしたらお互い友情の枠をはみ出す何かしらを感じていたのかな。だからなおさら、今、目の前に一緒にいる鮎川さんは「特別」で「大切」に思えたんだろうな、と勝手な想像もしてしまいました。

ついツンツンしちゃうミヤちゃんの底知れない可愛いさ(笑)。優しくて気遣い屋さんなのにどこか天真爛漫さも感じる鮎川さん。そんな魅力的なキャラにもテンションが上がりまくりでした。

アクシデントや受信体質(になっちゃった?w) なミヤちゃんが引き寄せちゃう出来事。
そのひとつひとつが、ふたりの仲を取り持ち、これからにつながってゆくストーリー展開。もう最高に面白かったです!!
この先、何があっても何と出会っても(笑)、それを全部『絆』にかえて、仲良くにぎやかに過ごしてゆくのでしょうね!

とても楽しいお話、本当にありがとうございました♪♪

もっと見る

2018/02/22 16:46
コメント(1)
苺飴
苺飴さん
【作品】バイトリーダーについてのレビュー

ネタバレ

『バイトリーダー』完結お疲れ様でした。
毎日の更新を楽しみに読ませて頂いてました。

同じコンビニでバイトしている、バイトリーダーの鮎川さんと、新人で入ったミヤちゃんの、ほのぼのとした……(←ほのぼのだけではないですよっっ)日常を描いた作品でした。

一見お互いに対する熱が違うように感じますが、その実お互いを想いあっていて、好きだからこそ我慢してしまう鮎川さんと、好きなのにツン(照れ?)な態度をしてしまうミヤちゃん。
そしてそれを額面通り受け取っちゃう鮎川さんと、互いの距離がいつまでも縮まらない事で『好きじゃないのっ?!』と怒っちゃうミヤちゃん。
そんなほのぼのとした2人の日常ですが、実はそれだけではなくて…。

頑張ってバイトして2人で行った温泉旅行、ウキウキした鮎川さんと、相変わらずツンでマイペースなミヤちゃんに途中色々ヤキモキしましたが、最終的に思い出深い旅行になりましたね。
これからもまだまだ色々な出会いがありそうですが、何だかんだラブな2人『ひゃあ~~』と言いつつ笑って乗り越えていくんだろうな…と思いました。
ほのぼのだけでなく刺激をプラスした作品、是非読んでみて下さいね。

もっと見る

2018/02/21 22:23
コメント(1)

たろまろさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません