このページのリンクアドレス

エブリスタ
雪の歌 【物語】

小説 現代ファンタジー

雪の歌 【物語】

陽月 玲

聖夜に現れた美しい女の正体とは―?

完結

9ページ

更新:2018/02/09

コメント:公式イベント「雪の夜」に参加している短編物語です*2/9修正加筆しました

説明

登場人物はリリス(女)とライラ(男)
聖夜に男の前に現れた一人の女。
二人は以前夢の中で出会っていた―?


物語を書いたのは久しぶりです。
募集テーマ「雪の夜」からの創作。
なるべく情景や雰囲気が
伝わればと思いながら書いてみました。
小説執筆は初心者です。
見やすさの為に改ページ、改行をしました。
一応年齢制限をかけました。


以下、詳細説明をします。
※本編を読んでからお読みください※



聖夜、クリスマスの雪の夜が舞台です。
廃墟の館の前に佇む女性は美しく、
黒いレースにドレス、ゴシックな服装をイメージしましたが服装に関しては深く書いていません。

男性は
真面目で誠実なクリスチャンをイメージしました。
そういう印象付けとして、
「聖夜の夜」「クリスマス」「正しい青年」
「天使」「欲」という言葉を用いました。
言葉が重ならないように
しつこさが感じられなければいいなと思いつつ。
最後には情欲に溺れてクリスマスの日に神に背いてしまう男性を書いてみました。
欲に対する、人間の本質の弱さがあると思います。

女性の方は男性と逆のイメージの印象付けとして、
妖艶な装い、能動的な感じを入れました。

ちなみに、名前について。
女 リリス(Lilith) は淫魔、サキュバス
男 ライラ(Lailah) は「夜」という意味です。



最後まで付き合って頂き感謝します☆。.:*・゜

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

陽月 玲さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント