このページのリンクアドレス

エブリスタ
「忍ぶ坂」(卒業)

小説 恋愛

「忍ぶ坂」(卒業)

三神工房

人生、時に思わぬ事がある。それは昔も今も同じ。ただいつも損をするのは女。

完結

17ページ

更新:2018/05/29

コメント:赤子は天真爛漫。青春は疑心暗鬼。そして年齢と共に老い重荷を背負うて坂を登る。だが人を愛すればこその人生。

説明

通常大学は、18歳で入学し22歳で卒業する。それはTeeagerを卒業する時期に重なる。
その時期女は、将来に空想の翼を広げる。だが男はその女を獲得することに夢中となる。
主人公弘明は卒業を前に背伸びして入った夜の世界で、年上の明美と出会うことになる。
人は1人で生まれ1人で死んでいく。その過程を人生と言うのだが、人それぞれである。
明美は心に傷を負い生活にも追われている。一方弘明は、未だ天真爛漫の如き生きざま。
出会い自体が偶然であり互いに引き合うものはある。だがその線が交わることはない。
だが一度重なりあった線と線は、新たな道へ歩みを始める。それが人生かも知れない。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

三神工房さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません