このページのリンクアドレス

エブリスタ
溺愛王子と髪結プリンセス

小説 ファンタジー

過去作②ファンタジーなど

溺愛王子と髪結プリンセス

篁 一霞

【R18】三兄弟との禁断の逆ハーレム

完結

236ページ

更新:2018/04/24

コメント:暗い話が苦手な方は閲覧をご遠慮ください。

説明

美容師の真凛(まりん)は母親の葬儀の1週間後、美容院の阿留間(あるま)店長と共に、突如現れた青い髪の男に連れ去られる。

連れ去られた先は見たことのない世界、セドニー王国。

青い髪の男の名はアウイ。

真凛はセドニー王国国王タンザの娘として生まれ落ちたが、命を狙われたためタンザ国王の力で異世界に飛ばされていたと、アウイから聞かされる。

しかしタンザ国王が死に、その力が失われた今、この世界に戻され、ふたたび真凛の命を狙うものから身を守るために迎えにきたと。

「私が国王の娘っ…?」

「そうだ。おまえがこの国で生き残る方法はただ一つ」

___それは王子の女になること。

妻になるよう迫られた真凛はアウイにベッドに押し倒され、阿留間に助けを求める。

しかし阿留間はアウイの家臣アルマンで、真凛とその母、藍(あい)の護衛のために側にいたと言って助けてくれない。

もうダメだと絶望する真凛を助けたのは赤い髪の王子ベリル。

第二王子ベリルはアウイから真凛を守るべく一つの提案をする。

「あなたは今日から私の髪結です」

髪結とは王子の髪を結う侍女。王子の身の回りの世話をする最高峰の地位を与えられた侍従だ。

しかしベリルにはすでにサンという名の髪結がおり、居心地が悪くて屋敷を抜け出した真凛は第三王子セオに出会う。

セオは真凛にひとめぼれし、実の姉と知らず求愛するが…。



二人の兄、一人の弟の狭間で揺れる真凛の運命の恋の相手は____

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

篁 一霞さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません