このページのリンクアドレス

エブリスタ
お年玉で買ったオレ

小説 青春

げたんわって、真面目な話も書けるんだね集

お年玉で買ったオレ

げたんわ(風邪ダウン中、すみません)

(15)

お年玉で買ったアレ。のお題作品です。決してふざけてません、俺は真面目です。

完結

28ページ

更新:2018/01/02

コメント:明けましておめでとうございます。新年一発目はこんな作品になりました。

説明

お年玉で買ったアレ。で感動ストーリーは書けるのか!?

↑をコンセプトに考えてみました。

ギャグは一切無しです!!

誰ですか?

タイトルはダジャレだよね?

とか言った人、出て来なさい!!
説教してやる!!

この作品のタグ

作品レビュー

ももたろう
ももたろうさん
【作品】お年玉で買ったオレについてのレビュー

ネタバレ

あら、正月早々家出ですか?
そりゃーまた、どうしたことだろう。

なんですか、お父さんは外ずらはいいけど家では威張り散らす。それにお母さんはそんな夫に愛想をつかすも離婚する元気もなく、お酒で気を紛らす。兄さんと言えば、なんだか薄気味の悪いオタクかしら。

いやー、マトモな男なら家出も仕方ないなとひとまず道場へ? いや、同情いたします。
よしよし有り金持って、そうお年玉かき集めて、うん? 何2万円だあー。そりゃちょっと心もとないんでは。 

それで、出くわした「ボンボン兄ちゃん」、オレに似ていると?
こういうのを千載一遇というじゃなかったかな? 
なに「僕を買ってください。入れ替わる」と? 願ったりじゃないですか。

さて、これからどうなるのだろうか?

え、なに? オレはアタシなんだ。女性ですか。
うわー何という悲惨な境遇。

彼女が向かった先は、昔優しいパパとママに抱っこされて幸せだった公園へ。

いい先輩がいたんだね。働くこと、生甲斐ってそんなに難しいところにある訳じゃないよね。
理想の自分は金持ち、裕福を夢見ていたようだが、将来に夢があって、働くことに楽しさが見いだせたら、それが幸せってものじゃないかい。

作者はそんなメーッセージを伝えてくれたような気がします。

仕込まれた巧みな笑いと、辛くなるようなペーソスをまじえ、何とも不思議な話のなかにも、最後には読み手を安堵させる着地点におろしてくれました。

なんともほっこりするお話、素敵なお話でした。

もっと見る

2018/01/19 21:28
コメント(2)

げたんわ(風邪ダウン中、すみません)さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント