このページのリンクアドレス

エブリスタ
望んだものはただ、ひとつ

小説 BL

望んだものはただ、ひとつ

十時

(5)

国の為に選ばれたのは、美しい男の王妃……。

完結

204ページ

更新:2018/02/18

コメント:はじめてBL書きました。拙いですが、よろしくお願いします!

説明

大国オルレアには誰もが焦がれる王がいる。
国がもたらす国益を、王の寵愛を望んで送り込まれ続ける側妃たち。
増え続ける側妃に終止符を打つため、水晶の儀で選ばれたのは美しき宰相補佐だった。
繋がれ混乱のさなかに行われた初夜の儀。男であるはずの彼は自らの意思とは関係なく王妃として傅かれる。

はじまりは遠い昔。王だけが覚えていた、一瞬の出会い。
宰相補佐が王妃となった、その最初の物語……。

王×宰相補佐です。BLなのでご注意ください。

この作品のタグ

作品レビュー

十時さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません