このページのリンクアドレス

エブリスタ
その指がほぐすのは

小説 BL

その指がほぐすのは

マリッサ・ストウ

(2)

孤独に暮らすアラサー男子と、年下整体師の癒しラブ

過激表現あり

完結

181ページ

更新:2017/12/08

コメント:「触れて感じて、堕ちればいい」のタイトルになり、2019年1月26日にキャラ文庫様より発売!

説明

天下分け目のBL合戦! Chara文庫賞、大賞をいただきました。ありがとうございます!「触れて感じて、堕ちればいい」のタイトルになり、1月26日にキャラ文庫様より発売!

かなり多めに加筆修正しておりますので、こちらをご覧いただいてる方も、ぜひぜひ、お手に取ってください!!(ここでは登場しなかったキャラたちも出てきます)

一部書店様と電子で別々のSSも付いております。どちらの短編も、二人のその後のお話です。

ストレスからくる身体の痛みに悩んでいた尚晴は、鍼灸接骨院に治療へ行く。そこで尚晴が出会ったのは、若い施術師、橘だった。治療に通っているうちに、心の悩みも理解してくれ、人として寄り添った治療をしてくれる橘に、尊敬の念を抱き心惹かれる。ある日、尚晴の姉が怪我をしたと連絡が入る。幼い頃に両親を事故で亡くした尚晴にとって親代わりである姉の凶報に、尚晴はパニックに陥る。そんな尚晴を介抱し姉の元に連れて行ってくれたのは橘だった。この出来事をきっかけに、二人は関係を深めていく。しかし、橘には尚晴に話していないことがあり……?!

書籍化情報

書籍名:触れて感じて、堕ちればいい

出版社:徳間書店

発売日:2019/1/26

Amazonで見る

この作品のタグ

作品レビュー

マリッサ・ストウさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント