このページのリンクアドレス

エブリスタ
古代王国アケト・アテン王女とオベリスクの罪人王子は灼熱の愛を誓う【R18】

小説 恋愛 大人の恋

古代王国アケト・アテン王女とオベリスクの罪人王子は灼熱の愛を誓う【R18】

ミストレス新作@かなた(*'▽'*)

(1)

世界最古ラブロマン。真実の愛を奪い返せるなら、罪人で結構だーー

完結

242ページ

更新:2017/12/10

コメント:ティアラ文庫応募用の新作です。完結しております。ありがとうございました! 急上昇ランキング2位 戴きました

説明

「神に愛を貫くためには貴女をしっかりと愛してこそだろう」
「だから、そのゴリゴリしてるものはなんなのよ」などと世間知らずでツンデレ誘惑王女の夫婦愛(予定)古代王国ラブロマンス

 神話時代を終えた、エジプト文明以前。アケト・アテン王国王女ティティインカは略奪王(実は兄)ラムセスに商人イザーク・シュラウドとの婚約を命じられる。

 月と太陽が消えた世界。神々の裁きが横行する時代。ティティは諱すなわち魂の名前を詠み、宝玉に念を込める宝玉呪術を会得していた。
父と母を追いやり、侵略したラムセス王を闇の世界へ引き摺り込むはずが、イザークの諱を詠み、呪いをかけてしまう。

世界の裁きを行うマアト神の呪いを受け、二人は呪いを解く旅に出ることに――。

世界に逆らい、この愛を貫く。
だから貴女をガンガン抱き貫くから。それが夫婦だ。




【汝たちの愛の千年ぶりの試練。天秤の前で待つとしよう】


幸せが最高潮になったとき、汝の願いの答えが見えるだろう――。


※アケトアテンとは、エジプト文明直後のアケト文明。アテンはアテインアテン王より
作中の場所はおおよその想定です。
テネヴェはテーベ河より、創作しております。
事実を裏付ける文書はありませんので、いくつかオリジナルがございます。
モチーフは「死者の書」です。ただし、古代の神々は神話には反っておりません。
※マアト神が天秤に関与するなど。ストーリー展開において脚色はございますが、ほぼ神話に沿ってますので。

ラブ・ファンタジーロマンスとしてお楽しみくださいませ。




◆illustration mimori[リンク]さま
MIMO~ふりーいらすと置き場[リンク]よりお借りしました。

画像のコピー・無断使用は、法律により禁止されています。
オリジナル画像を加工・複写(トレース)した場合も、同様です。
No reproduction or republicationwithout written permission.
許可のない転載、再発行を禁止します。

ありがとうございました。

◆表紙デザイン わたくし


2017/11/03 連載開始

この作品のタグ

作品レビュー

虹川れあ
虹川れあさん
【作品】古代王国アケト・アテン王女とオベリスクの罪人王子は灼熱の愛を誓う《完結しました》についてのレビュー

ネタバレ

ツンデレ王女・ティティインカと、罪を背負った商人(実は**)のイザークの愛が織り成す、古代ラブロマンスです。

世間知らずの王女様だったティティインカですが、夫(予定)のイザークに呪いをかけてしまったことから物語は始まります。

最初こそツンツンしていたティティ。
呪いをかけてしまったイザークにたいしての感情の移り変わりは、ちょっと天然で可愛いです。
夫婦にくっついていた「(予定)」が外れたときは、思わずニヤリでした。
ヒーロー・イザークはティティ側から見ているうちは掴み所のない男という印象ですが、ティティへの想いが見え、ちょっとずつ糖度を上げていき、炎のような愛になっていく様が素敵でした。

互いの呪いを解くための旅は、国境を越え、世界の境目すらも越えていきます。
スケールは大きいですが、そこに生きているのは確かに人間たち。
そして、神様にも神様の思いがある。
だからこそ、感情移入して物語を辿ることが出来ます。

舞台はエジプト文明以前、神話と人が入り混じった時代で、馴染みが薄いかと思いますが、作者様の知識としっかりとした時代考証から生まれた世界に生きるティティインカたちは生き生きとしています。
古代ラブファンタジーロマンス、そのキャッチコピーに偽りなし!

互いを信じ、求め、愛を貫くティティインカとイザークはまさに、「愛は世界を救う」でした!

素敵な物語をありがとうございました!

もっと見る

2017/11/28 09:33
コメント

ミストレス新作@かなた(*'▽'*)さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント