このページのリンクアドレス

エブリスタ
運命のΩ

小説 BL

オメガバース

運命のΩ

りお

それを運命と呼ぶのなら、俺の運命は十年前から決まっていた。社長×秘書

完結

124ページ

更新:2017/11/11

説明

人間は、男女という性別の他に、三種類のタイプにわけられる。
すべてにおいて優れ、指導者たるカリスマ性をもつα(アルファ)。
一般大衆としてくくられるβ(ベータ)。

そして、――希少種であり、唯一αの番(つがい)となる「性」を持つΩ(オメガ)である。

……これは、運命を探して迷走するαとそれを見守るΩの十年に渡るすれ違いと勘違いと……たぶん、愛情の物語。

※オメガバースなので、作中に男性カップルで結婚や妊娠というワードが普通に出てきます。

※関連作
「まがい物のα」チャラ男×ネガティブ[リンク]
「αのしつけ方」ワンコ×男前[リンク]
「オメガバース自作品の手引き」[リンク]

スター☆、コメントなどありがとうございます♪
個々にお返事をすることは差し控えておりますが、励みにさせていただいております!


連載期間 2017.10.1~11.11

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

りおさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント