このページのリンクアドレス

エブリスタ
雪降る夜は あなたに会いたい

小説 恋愛

雪降る夜は あなたに会いたい

橘かすみ

(49)

苦学女子大生×オレ様御曹司、身分違いの恋。未来なんて見ないから、この瞬間だけを。

完結

582ページ

更新:2018/09/07

説明



※【R18】です。表現はかなりソフトだとは思いますが、念のため。

※応援特典公開しました。
ポイント5 それぞれの決断―創介side―
→本編「エピローグ」まで読み終わってからご覧になることをオススメします。

************
身勝手で、強引で、尊大で。
出会いは最悪だった。

でも、あの人の熱で、あっという間に堕ちていた。
どんなに抗っても、心と身体は、いつしかあの人の物になって。


いつまで続くとも分からないこの関係に、覚悟はできている。いつか終わりが来ると、言い聞かせているのに――。


山崎雪野(22歳 地味で真面目な女子大生)
×
榊 創介(25歳 榊グループ御曹司)

身分差の恋。


※注
こちらは、拙作『切なさは誰のもの』の設定違いのお話になっています。
結末は全然別のものになっております。
『あなたとの甘い夜―甘くて苦い愛しい人―』をベースにしておりますので、ご注意ください。

★3/6 応援特典第2弾公開しました!
応援特典第2弾についてのお知らせ→[リンク]



この作品のタグ

作品レビュー

Mika
Mikaさん
【作品】雪降る夜は あなたに会いたいについてのレビュー

ネタバレ

とても素敵な物語だと思います。
今まで読んだ恋愛小説の中でこれほどまでに一途に愛された主人公はいなかったではないでしょうか。創介の雪野への愛情は、溺愛という言葉だけでは言い尽くせない深く純粋なものだと思います。女性としてだけではなく、彼女の存在自体が、彼にはなくてはならない唯一無二の存在なのだと物語の中で何度も感じる場面がありました。よくある男女のすれ違いや、三角関係の話ではなく、なおかつ現実的にあり得る設定なので感情移入しやすかったです。雪野は控えめで純粋な子だけれども、決して卑屈なわけではなく、芯の通った強い人ですね。物語を通じて彼女の魅力が伝わってきて、創介がたった一人恋い焦がれた女性として本当に納得です。
恋愛はタイミングが大切で、条件さえそろえば相手が誰であろうと案外簡単に恋に落ちてしまいませんか?その条件がなかなか揃わないので実際のところ簡単ではないのかもしれませんが…。でも創介と雪野はお互いでないと絶対ダメというか、他の人とでは感じ得ない愛情をお互いに育んでいたんだと思います。まさに運命の相手というところでしょうか。好きとか、愛しているとか、溺愛とか、可愛いとか、そんな言葉は多く使われていませんが(そこがまたいい!)、お互いの思いの強さが伝わって来て胸を打ちます。ハーッピーエンドというところも最高でした。
素晴らしい物語をありがとうございました。

もっと見る

2018/06/21 18:47
コメント(1)

橘かすみさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント