このページのリンクアドレス

エブリスタ
フィルム1945   妄想コンテスト「アルバム」応募用作品

小説 歴史・時代

フィルム1945   妄想コンテスト「アルバム」応募用作品

夏目真生夜(ナツメ マキヤ)

(22)

2017年8月15日、72年前のフィルムが見つかる。凍った哺乳瓶に手紙とともに詰められて

過激表現あり

完結

21ページ

更新:2017/08/22

コメント:多くの方のコメントやレビューを受けて、修正しました。この作品が少しでも多くの方に届きますように。

説明

イメージBGM:「ギルド」 / バンプオブチキン
表紙は、九日一さまからのご提供です。ありがとうございます。
[リンク]

~注意~
太平洋戦争を題材にしていますが、完全なフィクション作品です。
作品中に出てくる写真および杉本健作氏も実在しません。
資料をもとに、作者が創作した世界であることをご理解いただけますよう、
よろしくお願い申し上げます。

主な参考資料
森村誠一 『悪魔の飽食 新版』
五木寛之『凍河』
映画『黒い太陽七三一 戦慄!石井七三一細菌部隊の全貌』
西野瑠美子 『731部隊のはなし』
青木冨貴子 『731 石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く』
常石敬一 『七三一部隊 生物兵器犯罪の真実』
常石敬一 『医学者たちの組織犯罪―関東軍第七三一部隊』
常石敬一 『戦場の疫学』
常石敬一 『謀略のクロスロード 帝銀事件捜査と731部隊』
篠塚良雄、高柳美知子『日本にも戦争があった 731部隊元少年隊員の告白
ほかアウシュビッツ、ホロ・コースト関連の書籍及び、インターネットでの記事資料。

何よりも、1945年当時のお話を聞かせてくださった方々に、深くお礼申し上げます。

2017年8月22日 真生麻稀哉(シンノウ マキヤ)

この作品のタグ

作品レビュー

Mr.ジン
Mr.ジンさん
【作品】フィルム1945   妄想コンテスト「アルバム」応募用作品についてのレビュー

こういう話は好きです。
よく考え、よく作り込まれた作品ですね。
最後まで、真剣に読んでしまいました。

読ませていただき、ありがとうございます。


731部隊の話でしたか。

危険な匂いがするので、30年以上誰にも話した事がありませんでしたが、おそらく731部隊の関係者と思われる人物と、私はお会いしたことがあります。

その方はある島で隠居みたいな生活をしていて、たまたま知り合って会話をした際に戦時中は中国にいたと伺い、南京城(知り合いに南京城戦の経験者がいたので)と北部、特に黒龍江省(私の仲間がそこの出身者)の話題を聞いていたのですが、友人の一人がハルビンに近い所の出身者だったのでついでにそこの質問をしたら、ハルビンの名前を聞いた瞬間に顔色と態度が豹変し、それ以降は頑なに戦争時代の事を話さなくなりました。

その時に見せた彼の表情は、今までに会った人たちの中でも特に異質でした。

私へ向けられた殺気のような空気と、内から滲み出る恐怖を必死に隠すような空気、その二つが混ざっているせいなのか?

なんとも言えない怖ろしい表情をしていたのを、今でも忘れることが出来ません。

当時、同席していた私の父も、彼の豹変ぶりは異常だと言い、危険な匂いがするので他言無用としていましたが、もう30年以上前のことですから、今更言っても多分大丈夫でしょう。


彼はもう、100歳に近い歳でしょうからご存命かどうかも分からないですが、再会することが出来るならば、怖いけれど改めてお話を聞いてみたかったですね。

もっと見る

2017/12/18 22:03
コメント(4)

夏目真生夜(ナツメ マキヤ)さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント