このページのリンクアドレス

エブリスタ
森蘭丸伝 花落つる流れの末をせきとめて

小説 歴史・時代

森蘭丸伝 花落つる流れの末をせきとめて

森蘭丸伝 花落つる流れの末をせきとめて

春野わか

(9)

BL多め本格戦国小説 森蘭丸外伝―果心居士を書き始めました。合わせてお楽しみ下さい

完結

539ページ

更新:2018/10/17

コメント:BL多め戦国小説 森蘭丸外伝―果心居士を書き始めました。合わせてお楽しみ下さい

説明

織田信長の小姓として有名な森蘭丸(文中では乱法師) 寵童であったという立場も描きつつ(エロ描写あり)、さまざまな史実から浮かびあがる人間味溢れる素顔に迫る 短い生涯の中で信長に激しく愛され翻弄されながらも全てを受け入れていく蘭丸の強く美しく優しい生き様
きっと最後は彼の気持ちが理解出来るはず?

この作品のタグ

作品レビュー

春野わかさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント