このページのリンクアドレス

エブリスタ
支配ゲーム

小説 BL

支配ゲーム

滝沢晴

(4)

義兄と従兄の密約は、どちらが俺を支配できるか、というゲームだった。

完結

148ページ

更新:2017/08/12

説明

白瀬滉太(17)には親がいない。代わりに血のつながっていない兄・総一郎(27)が育ててくれていた。学校では1つ年上の従弟・黒糸川晶(18)が護衛のようにひっついてくる。心配性の二人に辟易しながらも「大切にされている」と信じていた。しかし、兄と従兄の間には密約があった。「滉太を守り育てながら、どちらが支配できるかを競う」という――。一見溺愛されているようだが、2人からじわじわと甘い毒を与えられ続け、精神的に支配されていた滉太。愛情・親愛だと信じていたものが一転、支配だと気づいたとき、3人の歯車が狂い出す。※表紙は、おいしいご飯様

この作品のタグ

作品レビュー

滝沢晴さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません