このページのリンクアドレス

エブリスタ
飼い猫は彪

小説 BL

飼い猫は彪

黒井ひよこ

作品準備中

過激表現あり

完結

214ページ

更新:2018/06/13

コメント:天下分け目のBL合戦にて、プラチナ文庫大賞頂きました。

説明

【プラチナ文庫様より2019年2月12日書籍化予定】
人を傷つけることに快感を見出す歪んだ性癖を持つ瀬野亮一(36歳)は、ある日公園で不愛想で体格の良い美青年を拾う。
青年、橋間彰広を家に連れて帰り、自らが所有するホストクラブに働かせた亮一。
いつものように得意の人心掌握術で彰広をたぶらかした亮一は、内心で彼を「猫」と呼びながら、彼が無表情の下で一喜一憂する姿を愉しんでいた。
しかし、猫だと思い込んで侮っていた彼が、ある日牙を剥いたことで、彼の歪んだ平穏は崩れだすことになる。

書籍化情報

書籍名:飼い猫は彪

出版社:プランタン出版

発売日:2019/02/12

Amazonで見る

この作品のタグ

作品レビュー

黒井ひよこさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント