このページのリンクアドレス

エブリスタ
サイコラビリンス《R-18》

小説 ヒューマンドラマ

サイコラビリンス《R-18》

國灯闇一

事件はここから始まる。青春と狂気が混沌と彷徨う迷宮へようこそ。

完結

176ページ

更新:2018/08/28

コメント:無垢であるがゆえの過ちの日々――――

説明

5人の中学生は共に青春を謳歌する仲間だった。
そのうちの1人、冴島卓真(さえじまたくみ)には彼女ができていた。それを茶化すのが仲間内のブームになっていた。

ある日、冴島の家を訪れた際、悪ノリで冴島の部屋の荒探しをすることになった。
押し入れの中にあったクーラーボックスを開けると、腐臭が部屋の中を満たしていく。
そこに入っていたのは、腐乱した小さな死体だった。

冴島は"自分の子"だと言い、友達の小見川涼介(こみかわりょうすけ)を含む4人に助けを求める。

小見川達は苦悩するも、友達を助けたいという思いが強くなり、隠蔽の手助けをする。

未来を掴むために、嘘にまみれた迷宮が作られていく。

嘘と青春の日々は、哀しみに濡れた。


※この小説は、法律に反する行為を肯定、推奨するものではありません。

※この小説はフィクションです。登場する団体名、人物などは架空の物で、実在する同名称とはなんら関係はありません。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

國灯闇一さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント