このページのリンクアドレス

エブリスタ
憂鬱なクインテット(完結・特典あり)

小説 BL

憂鬱なクインテット(完結・特典あり)

里沙

(1)

俺たちイケメン・クラシックアンサンブル。但し全員◯モ(-。-; な全4話。

過激表現あり

完結

1520ページ

更新:2018/09/27

コメント:応援特典の続きに、さらにオマケを追加(笑)モフモフ登場!

説明

「Canti Drammatici」は、音大の同窓生と後輩で結成したピアノ・アンサンブル。日本人ながらヨーロッパで活動する彼らは全員イケメン!実力も十分!但し全員*モ!(爆)
4話構成の長編BL小説です。簡単な登場人物紹介はこちら[リンク]

第1話:ヒロの失恋について
アンサンブルのメンバー刷新のためオーディションに招かれたピアニストの松波亨。彼を誘ったリーダーのチェリスト:矢代広紀は亨に片思い中。ところが!オーディション当日やってきた亨には超:イケメンの恋人がくっついてきた…どうするリーダー(´Д` )

第2話:ルカの恋人について
アンサンブルのヴァイオリニスト:本城ルカは同じくブリュッセルでヴァイオリンを学んでいる緑川ファイサルのことが好き。だがファイサルもルカを「好き」と言いながら態度は素っ気ない。当然…もしたことがない(涙)異国で孤立するファイサルを心配してルカはアンサンブルのメンバーに引き合わせるが、彼は生い立ちや宗教など複雑な事情を抱えており、他のメンバーも彼との接し方がわからずギクシャクする。
それがある事件の引き金になっていくとは知る由もなく…
本作中最も緊迫のエピソード!

第3話:亨のコンクール出場について
プロのピアニストを目指す亨は、パリで開催されるピアノの国際コンクールの出場権を獲得した。しかし彼はこのところ恋人の神崎優留と上手くいっておらず、どん底気分でパリに入った。一方で会社のインターンシップに参加中の優留も、もう亨とは無理かもしれないと苛立ちを覚えつつも、彼のことが頭から離れない。
亨はコンクールで勝ち上がることが出来るのか?そして優留と亨の壊れかけた関係はどうなる!?さらにオネエ系ヴィオリスト:岩本鋼太郎の身辺にも動きあり?

第4話:広紀と鋼太郎の一番長かった夜について
アンサンブルのチェリスト:広紀とヴィオリスト:鋼太郎は音大時代からの腐れ縁。当時付き合っていた男からひどい扱いを受けていた鋼太郎を広紀が救ってからの間柄である。
日本のテレビ番組に出演するためアンサンブル4名は一時帰国することになったが、広紀は両親に押されて見合いをすることに。そんな広紀に何故か、鋼太郎は疎外感を覚える。
一方、パリのコンクールで出会ったピアニストのチェ・サンジュが鋼太郎に興味を持っていることに広紀も不安を感じていて…
二人の「腐れ縁」の行く末はどうなる?

この作品のタグ

作品レビュー

里沙さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント