このページのリンクアドレス

エブリスタ
この好きは限りなく透明で

小説 BL

この好きは限りなく透明で

蒼衣梅

(2)

作品更新中

完結

505ページ

更新:2017/12/04

説明

高校生同士の焦ったく甘いお話です。
和菓子屋の息子と洋菓子屋の息子、でもお互いに好きな甘味は真逆。親友だったけれど、今は言葉も交わさない微妙な関係の幼馴染。バレンタインの日、会話どころか挨拶すらしなくなった「親友」が「友チョコ」を持ってきてくれて、その距離は少しずつ縮まっていく。

この作品のタグ

作品レビュー

蒼衣梅さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません