このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

人よ、精子たれ

小説

人よ、精子たれ

○京也○

究極のヒトの姿は精子のようなもの。これは魔術書でありエロ本であり思想書である。

休載中

4ページ

更新:2007/07/29

説明

子どものころ、顕微鏡で自分の精子をみたことがありますか?(男限定の質問ですね)わたしはあります。その時の衝撃は本編で語りましょう。
美術史や宗教思想、教育学、その他もろもろに、わたしは人間の深い性欲を感じます。そして、それを極大解釈して考えるなら、未来人間の姿は、どうやら精子のような姿になるだろうと考えられるのです。
少し難解で長くなりますが、わたしの長年の思想の結果をお楽しみください。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

○京也○さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません