このページのリンクアドレス

エブリスタ
消えないキスをもう一度【改題:エリート上司の甘い誘惑】

小説 恋愛 大人の恋

消えないキスをもう一度【改題:エリート上司の甘い誘惑】

砂原雑音

(7)

触れる唇、涙、混ざる吐息。全てが掻き消える前に、もう一度キスをして。

完結

38ページ

更新:2017/08/05

説明

【書籍化決定】
:書籍化の為部分公開中です。
:ベリーズ文庫より発売中。

※スピンオフ、恋に涙を花にはキスを[リンク]
※後から加筆した都合上、ページにずれが生じましたので、ページコメントは閉じさせていただきました。たくさんコメントくださって、励みになってます。ありがとうございますm(__)m※


―――恋人だと思っていたのは私だけだった。

元カレの結婚式の帰り道、泥酔したBarで意識を飛ばした。

よくある話。
朧げな記憶に、断片的に残るもの。

触れあう唇、涙味のキス。

もう一度、会いたいのに
今にも消えてしまいそうな、キスの記憶をかき消さないで

――――――――
1.記憶に残るキスの味
2.東屋一貴という男
3.見つめられると融けそうです、課長
4.部屋に染みつく過去の名残
5.容疑者を上げろ
6.お前、可愛いな
7.お願いだから、守らせて
8.逃げ遅れたな
9. 好きの在り処
10. お前は、ひどい
11.藤堂が恋に落ちた夜
12.消えないキスを、もう一度
13.甘いキスに祝福を
番外編
東屋の失敗
骨抜きにされていく藤堂を愛でる会


H28.12.10 start

※ラブコメテイスティ
※でもシリアスもあり
の予定です。

表紙絵[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

朱里コウ(akasato kou)
朱里コウ(akasato kou)さん
【作品】消えないキスをもう一度【完結】についてのレビュー

ネタバレ

もう一度恋がしたい。こんな恋をしてみたい!

読み終えた時、そう誰かに言いたくなるほど、憧れと興奮の余韻にしばらく浸りました。


幸せを祝福するはずの結婚式で、突きつけられた現実はとても厳しく、辛いものでした。

主人公西原さんが泥酔してしまうのを、誰が責められるでしょう。


冒頭のキスの記憶や腕時計は、一体誰? と、先がとても気になる展開で、一気に物語に引き込まれます。


後輩の東屋くん、とても良かったです。…好き(〃ノωノ)ぽっ。可愛い!!(笑)

藤堂さんがいなければ、私は彼にイチコロです。彼に群がる女子その1です。


ヒロインの西原さんは、藤堂さんが言うように多分普通の女の子なのでしょうけれど、そこがまたよくて、共感できるところいっぱいでした。

揺れ動く心の描写がとても丁寧に描かれていて入り込めます。

失恋した時に抱いた感情は、恋する女子なら誰もが一度は身に覚えと言うか、経験したことがあるのではないでしょうか(失恋経験が多い私は余計にかもしれませんが(笑))

西原さんはそれもあって内面がとても魅力的で可愛いらしいです。ああだからかと、納得しました。


藤堂さんのツンデレ?感もツボでした。糖度200%最高!(笑)


こんな風に想い想われたい。
そう憧れ、夢想したのはきっと私だけじゃないはず。

読後感も良く、もう一度恋がしたくなるとても素敵な作品でした!


既に連載がはじまっているスピンオフ『恋に涙を花にはキスを』[リンク]
冒頭読ませていただきましたが、引き込まれる!

今後の展開も楽しみ。すぐに追い付き、そして更新をこれからも追いかけ続けます!


執筆頑張ってください。応援しております!(^^)!☆


もっと見る

2017/04/30 14:32
コメント(2)

砂原雑音さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません