このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

ボクと僕らとエトセトラ

小説 恋愛

ボクと僕らとエトセトラ

若宮梓★

作品準備中

休載中

7ページ

更新:2017/02/15

説明

ある日突然老婆に殺された2人

死んだはずなのに、目を覚ましてみたらそこは真っ白な…、

「真っ白な…、じゃなかったじゃん。クリーム色だった!」

おっふ。出てこないでくださいな。
ここ作品の説明書くとこよ(-_-;)。

「……。なぁ、何で猫がしゃべってるんだ?」



それは作者がなごみたいから!キッパリ
マジに飼うなら、犬が良いけど。

や、話がそれたじゃん。帰ってくれm(__)m

「つまんなーい。」


お前らの世界に帰れ!ドゲシ!キャー


あ、えーと
主役級の2人は、取り敢えず出張ってきましたが、作者はあまり彼等と絡みません(笑)。前半は。後々絡んでくると思います。生暖かい目で見てください。


ファンタジーを書くのは初なので、読まれた方は突っ込みは入れても貶さないでください。即更新をやめるくらい、ガラスのメンタルの持ち主です。

それでは、どぞ>^_^<!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

若宮梓★さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません