このページのリンクアドレス

エブリスタ
いつしか恋して 第3話

小説 恋愛 純愛

いつしか恋して

いつしか恋して 第3話

倉松辰里

探していたのは、彼の心の隠し事。 そして、求めていたのは彼の心が想うもの。

完結

40ページ

更新:2016/09/29

50枚

説明

始まったばかりの、亜由里と開人の静かな恋。
初冬の季節のように澄み渡り、さり気ない彼の優しさが
亜由里を陽だまりのように包み込む。
いつも、何でも、亜由里の心を温もりで満たす開人。
しかしその中で、彼女だけに見せる素顔がわずかに覗いた。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

倉松辰里さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません