このページのリンクアドレス

エブリスタ
イ長調のワルツ(再編集)

小説 BL

イ長調のワルツ(再編集)

里沙

心優しいメフィストフェレスが、僕の中に宿したものは…?

過激表現あり

完結

232ページ

更新:2018/12/09

説明

(以前公開したものを改編して再公開しています)
舞台は19世紀前半のハンガリー、ライディング。ある日、ヨーロッパ中で人気の作曲家兼ピアニストの男がこの街で殺害される事件が起こる。ライディングの街で生まれ育った若きピアニスト・エンリに嫌疑がかけられるが彼は無実が証明され釈放された。その後エンリの元に「メフィストフェレスより」と署名の入った楽譜が届けられた。その楽曲の美しさと奇抜さに心を奪われたエンリは曲を作った「メフィストフェレス」の正体を突き止めようとするが、それは貧しい印刷工の男、ヨアヒムだった。エンリはヨアヒムの曲だけでなく彼自身にも惹かれていく。
一方、殺害されたピアニストについて調査が進むにつれ、彼の作曲に関する奇妙な一面が明らかになった。
エンリに曲を捧げた無名の作曲家ヨアヒムと、自身の作曲の痕跡を一切残そうとしない殺されたピアニスト。エンリの中で二つが少しずつ近づいていく…その結末は?

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

里沙さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント