このページのリンクアドレス

エブリスタ
からっぽの記憶、紡がれる恋

小説 BL

からっぽの記憶、紡がれる恋

かすみ

(2)

ありえない……何でこいつがここに……【R18】

完結

165ページ

更新:2017/09/25

コメント:BL合戦夏の陣に参加してます。

説明

R18のBL小説になりますので、苦手な方はご注意ください。

☆☆☆☆

目を覚ました春木真琴(はるき まこと)は、ラブホテルに居た。状況が飲み込めず、隣に寝ている人物を確認すれば、友人の山田勇仁(やまだ ゆうと)がいて驚く。

何故こうなったのか思い出そうとしても、前日に連れて行かれた飲み会で飲みすぎた所為で、記憶はからっぽ状態だった。

しかも、起き上がる瞬間にあらぬ所が痛みを訴えてきて、認めたくないがどうやら自分は勇仁とヤってしまったのだと自覚した。

女好きな勇仁が素面で自分を相手にしたとは思えず、酔っ払って真琴を女の子と間違えたのだろうと無理やり結論づけた。

全てを無かったことにしたくて、真琴は勇仁が起きる前にラブホテルから出て行ったのだが……。



表紙のイラストは、ルシアさんが作成されている素材集(pixivにて掲載中)からお借りしました♪


2017.09.05公開

この作品のタグ

作品レビュー

かすみさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント