このページのリンクアドレス

エブリスタ
棘(トゲ)

小説 恋愛

棘(トゲ)

棘(トゲ)

小鳥遊絢香

(8)

俺様冷徹男と恋愛オンチの女の子の物語

過激表現あり

完結

1058ページ

更新:2018/04/12

コメント:お読みいただき、ありがとうございます!「棘」と「月の光の中で」のコラボ小話が別作品で投稿してあります。

説明

恋はまるで美しく咲く花の棘みたいに、1度刺さるとなかなか抜けてはくれない。

痛くて苦しくて辛いはずなのに、それでもその甘い香りの花に惹かれてしまう。

柊 栞奈(28歳)

私は本気で人を好きになったことがない。

自分勝手で優しさの欠片も無い、冷たくて訳の分からない男なんて、イライラさせられるだけなのに……。

気付くとあんたは私の視界の中にいる。

どうして?

2016.3.2~2016.12.8

1026ページからは番外編です。


*話の中に出てくる疾患や障害は個人差があり、治療や予後等についても一概には言えるものではありません。ご了承下さい*



素敵な表紙イラストは海月美兎さまからいただきました!

この作品のタグ

作品レビュー

小鳥遊絢香さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント