このページのリンクアドレス

エブリスタ
CINEMAS

小説 BL

CINEMAS

CINEMAS

南野

(8)

【BL/R18】全部見透かされている。羞恥も戸惑いも、逃げたくて逃げたくないことも。

完結

571ページ

更新:2016/10/18

説明

【BL/R18】
閲覧には十分お気をつけください。

おかげさまで完結しました☆ でも、続編を書いております。
 1.『CINEMAS』[リンク]←本編 
 2.『雨傘』[リンク] 
 3.『ALL ABOUT MY BROTHER』[リンク]
 4.『休日』[リンク]
 5.『The Clear Prince and Seven Dwarfs』[リンク]
 6.『幻影』[リンク]←連載中です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仕事に行き詰まりを感じている会社員の北川透が、偶然見つけたのは小さな映画館。

衝動的に観た映画が心に残り、毎週木曜日のレイトショーに通うようになる。
その時間の常連は透を含めて3名しかいない。

ある映画をきっかけに常連の滝田賢吾と初めて会話を交わし、意気投合する。
映画と賢吾との会話に癒される透だったが、ふとしたきっかけで賢吾のことが気になりはじめ・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かなり長い話ではありますが、お読みいただけると嬉しいです。


この作品のタグ

作品レビュー

佐藤すみ
佐藤すみさん
【作品】CINEMASについてのレビュー

ネタバレ

(応援)
この物語を日本中のBLファンに、また自分がBLファンだったことを忘れがちなBLファンに、そして本当の愛を見つめる勇気をもった全てのBLファンに、心からの友情を込めてお勧めします。
とサン=テグジュペリ風に書いてみました(笑)
実はBLは殆ど読んだことが無い私でしたがハマりました。それは、

余分な言い回しをそぎ落とした硬質の文章と、場面ごとに挟まれる鮮やかな映画のシーンが相まって、長編でありながら飽きることなく、読み疲れることなくストーリーに浸ることができましたので。

暗示的な映像のシーンは、ヨーロッパの映画の雰囲気がよく表現されていて、それがこのストーリーを美しくし、ノスタルジックな余韻も与えてくれて、、、いつまでも浸りたいと思わせてくれるのです。

そして、恋愛モノがあまり好きでは無かった私に「読んでみたい」と思わせてくれたのは、重厚な表紙画、とタイトル。映画好きなので足を止めました。

そしてそう! 恋愛モノにありがちな、結論は見えてるのに展開が足踏み状態になる部分がない! (迷ったりすれ違ったりする部分ですね)
率直で直線的な思考の主人公にぴったりで、また、問題を先送りしない潔さにも通じていて、そこも感動に繋がるのです。

特に、雨のシーン。脳内でちょっとハードなモノクロ映画になります。
冷たい雨の中で、唯一、賢吾のセリフだけが色を帯びて、、、エロい。
品が良いのにエロい賢吾。
あれは昇天ものです(笑
セリフがいいので余分な描写がいらない。それでも彼の雰囲気が十分伝わって来てストーリーに引きずり込まれます。

私ごときが南野さまのレビューなど僭越ですが、やっぱり書きたくなったので。
表紙下に付ける初レビューをここに。

すっかり南野信者になってしまった佐藤より。
(わっ、ちょっとこの言い方キモかったですね・笑)

<追伸>映像シーン、ほぼ確認できました。映画のタイトルから取った各章のタイトルのひねりが面白かったです。
『WATARIDOR●』はご存知の方多いと思うのですが主人公のように心が疲れている時にお勧めです。『Coffee and Cigarette●』も良かったです。二人に近づけた気がしました。

もっと見る

2016/12/06 02:24
コメント

南野さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません