このページのリンクアドレス

エブリスタ
泡と消え逝くその前に

小説 BL

泡と消え逝くその前に

久野ミィ太

“好き”も“愛してる”もいらない……本当に? 【微R18】

完結

373ページ

更新:2015/09/21

説明


4/1 応援特典 追加しました
エイプリルフールネタの、くだらない小ネタです笑

・・・・・・・・・・

「また、俺と付き合おう?」
低く、甘く聞こえるように、囁く耳元に吐息がかかるように。
痛みを与え、震える身体を押さえつけるのは誘惑の鎖。

「あなたが私の愛しい人だったのですね」
優しく、それが当然であるかのように手の甲に落とされた唇。
愛を与え、怯える心に触れようと伸ばすのは慈悲の指先。


例えば女の子に生まれていれば。
与えられる愛情を疑うことなく、怯えることなく受け取れたのだろうか。

静かに、だけど確かに満ちていく夜の海。
そこで和那は、失くしたかった“愛情”を知る。

・・・・・・・・・・

人魚姫をモチーフにした、切ない系ハッピーエンド。

稚拙な文章ですが、出来るだけ登場人物の心情を丁寧になぞれたらと思います。



6/7 応援特典 作成しました
本編32ページの薫と由眞になります!

6/8 応援特典 追加しました
前回の続き、みたいな雰囲気BL

6/14 応援特典 追加しました
本編であまり絡みのない龍騎と陽日

7/6 応援特典 追加しました
質問はお題配布サイトあなぐら様(http://99.jpn.org/ag/)にお借りしました


特典は追加していく予定です(^o^)


ゆっくり更新ですが、宜しくお願いします(^^)/

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

久野ミィ太さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント