このページのリンクアドレス

エブリスタ
episode K

小説 歴史・時代

狼の住処

episode K

紋多 りん

【R-18】これは、私の記憶。少しだけ、語ってあげよう。

完結

10ページ

更新:2014/10/04

説明

 

【R-18】18歳未満の方へ

 作品をお届け出来ず、申し訳ありません_(._.)_

ーーーーーーーーーーーー


 無邪気に笑う。

 拗ねて口を尖らせる。

 呆れるように眉を寄せ、

 困ったように微笑む。


 そして……、


 私だけを映す瞳に、涙を浮かべる。



 何もかもが私のものになれば良いと心の奥底で醜く呻くソレは、日増しに重さを増していた。

 

 ただ、君だけを愛している。

 代わり無い君だけが、私の全てだ。




 だから、今宵は私だけを刻ませてほしい。






 ※閲覧前の注意事項※

・大人向け作品です。お気をつけ下さい。
・本編⇒『狼の住処 episodeⅠ』
・拙い文章です。御了承下さい。



【作者より】

 ずっとお待たせしておりました。
 あの、風呂場での出来事を漸く少しだけお届けできます。

 本編を知らない方には、伝わらないと思うので、必ず本編をお読みください。


 


この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

紋多 りんさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません