このページのリンクアドレス

エブリスタ
花霞の夜は明ける

小説 BL

花霞の夜は明ける

花霞の夜は明ける

四季

(6)

触れたい、抱きたい、近づきたい。アンタといると、おかしくなりそうだ。

完結

449ページ

更新:2014/11/29

説明

【お知らせ】
・応援特典作成しました!2015.1.3

・応援特典の小話を作成しました!
この二人を書くのはおそらくこれが最後になると思います。
お付き合いくださった方々にお礼申し上げます。本当にありがとうございました!
もしよければ読んでやってください☆

***



俺だけが知るもう一人のお前。

俺は、お前のことを忘れない。



***


満開の桜の下、一人佇んでいた男。
それは、無愛想、一匹狼と名高い会社の後輩、柏木秋斗。
だけどその日会ったのは、優しい眼差しで微笑む俺の知らない柏木だったーーー……。






近づく距離。甦る記憶。
20年前の時間が動き出す。



***

登場人物

篠宮 景(シノミヤ ケイ)

柏木秋斗(カシワギ アキト)




※大洋図書SHY文庫様より書籍化されました。
書籍版では、本編終了後の二人を少しだけですが書き下ろしました。
読んでいただけると嬉しいですm(_ _)m



公開:2014101
完結:20141129

書籍化情報

書籍名:花霞の夜は明ける

出版社:大洋図書

発売日:2015/12/7

Amazonで見る

この作品のタグ

作品レビュー

四季さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント